浮気調査解決事例(50代女性 旦那の不倫問題)

浮気調査解決事例(50代女性 旦那の不倫問題)

実際に依頼した方に取材して大まかな流れと解決状況、最終的にかかった費用をまとめました。今回のケースは結婚32年目、50代後半女性からの依頼。

夫婦仲は冷え切っていたが、子供の将来を考えて離婚は口に出さなかったが、夫が定年機に離婚して欲しいと言い出し、理由を聞いても一人になりたいの一転張りだったので浮気を疑ったのが経緯

※以下の流れは、探偵社に浮気調査の依頼を行った後の流れを本人の記憶と調査報告書を元に簡単にまとめたものです。

初日、対象者が自宅にいる日時をあらかじめ依頼人に聞いていたので張り込み。対象者が出てきたので尾行すると家とは別のマンションに入っていき、愛人と思われる40代後半の女性と一緒に夕食を外で済ませて二人でそのマンションに帰っていくのを確認。その日は帰る気配がないので調査終了

2日目以降、張り込みと聞き込み調査を行った結果、対象マンションの近隣住人からは数年前から夫婦だと思われていたと判明。二重生活の証拠を掴んだところで調査終了

調査費用は時間制のパック料金で、依頼人は240,000円を探偵社に支払った。
調査報告書を見て、依頼者は夫の不貞行為で離婚裁判を起こす結果になりました。このように、裁判でも使えるような証拠を掴んでくれる探偵社を選びましょう。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑