浮気調査の料金設定が成功報酬型だったら注意しましょう

浮気調査の料金設定が成功報酬型だったら注意しましょう

世の中の大部分の人が、パートナーが浮気・不倫をしているか調べる場合、自分で調べるより専門の探偵社に浮気調査依頼する事を考えると思います。

そこで最も気になってくるのは料金がいくらかかるじゃないんですか?

テレビなどの影響で浮気調査は昔より一般的になってきてるため、ある程度の料金相場が存在しますが、探偵社によって前払い、後払い、成功報酬、着手金必要など料金の支払方法が異なります。パック制を採用している探偵社もあるので料金プランについての確認も必ずしておく必要があります。

一般的な料金プラン例

加算式料金制

もっとも多い料金体系で、相談内容によって調査日数(時間)や調査員の数を決めてから初期見積もりを行います。ほとんどの場合、事前打ち合わせで決めた料金以外にかかりませんが、対象者の追跡が困難で経費が多くかかってしまった場合は後から経費が上乗せされるケースもまれにあります。その場合、良心的な探偵社は事前に経費が多くなっても調査を進めるか確認してからの調査再開となります。

成功報酬型

近では依頼者の不安を解消する為、最初に少しの着手金をもらい成功時のみ残りの料金を請求する成功報酬型を採用している探偵社も増えてきました。

この料金体系の場合、事前打ち合わせで「成果ポイント」を決め、着手金を払った後の調査で成果ポイントに達成した場合のみ残りの費用を払います。着手金の相場はだいたい5万くらいが一般的です。

浮気調査自体あいまいな感じがするため、後払いの成功報酬型の方が良さそうにみえますが、落とし穴として決定的な証拠を掴まなくても成功したとみなされる場合があるので注意です。

成功報酬型の料金プランを採用している探偵社を選んだ場合、『どこまでを成功』とするかの線引きをしっかりと決めてから契約して下さい。

調査の結果、シロだったケースも多々あるので、シロだった時にどうするかも話し合っておいた方が後のトラブル解消になります。

成功報酬型の料金プランは探偵社によって若干の差があります

一言に成功報酬型といっても、各探偵社ごと細かい部分で経費計上のやり方が異なります。ここでは一般的なパターンを紹介します。

着手金(経費込み)+成功報酬

このパターンの場合、事前に浮気調査でかかる経費説明を受けた後、平均10万くらいの着手金を先に払ってから調査開始となります。成功報酬については証拠取得1回あたり〇万のような形で発生します。

仮に着手金10万、証拠取得1回20万と仮定した場合、事前に着手金として10万支払、調査終了後に満足する証拠が提示された追加で20万の総額30万を探偵社に支払います。

契約金+成功報酬のパターン

相談内容に沿って最初に契約金を決めます。契約金は基本調査費用、経費、手数料などが含まれます。

ここに成果ポイントを設定し、成功だとみなされた場合、契約金に対する成功報酬料金(一般には契約金の50~70%)が追加されて総額になるパターンです。

経費+成功報酬のパターン

最近多くなってきたパターンで、ホームページなどで完全成果報酬型と記載されていたらこのパターンに該当します。

事前に払う着手金が無いので、依頼者は事前打ち合わせで決めた成功報酬を調査終了後に支払います。成功報酬が30万ときめておいたら、それ以上払う事がないのでわかりやすいプランです。

仮に契約金が20万で成功報酬が70%だとした場合、調査前に契約金を払い、事前に決めた成果ポイントに達成したとき20万の70%=14万を後から追加で払うので、総額34万を探偵社に支払います。

当サイト内で紹介している「HAL探偵社」などは成功報酬の結果プランが明瞭なので相談しやすい探偵社です。証拠がつかめなかった場合に成功報酬を無料としている探偵社もありますので、依頼者が自分が信頼できると思った会社を選んで下さい。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑