車にボイスレコーダーを仕掛けて浮気の証拠を掴む

車にボイスレコーダーを仕掛けて浮気の証拠を掴む

調査したい相手が車での移動が多い場合は、車内の会話を録音する為にボイスレコーダーを仕掛けるのは有効な調査方法です。浮気相手を車に乗せて走る事も多いでしょうから、運転席もしくは助手席に小型のレコーダーを仕掛けましょう。

しかける場所にもよりますが、レコーダー家電量販店に行けば多種あるのでマイク性能が高いものを選びましょう。小型で性能が高くなると金額も高くなりますが、浮気の証拠を掴む事が目的なのでケチらず高性能なものを買って下さい。

どのボイスレコーダーを選んだら良いかは、以下を参考にして下さい、

録音時間が長いもの

最大録音時間と最大録音件数は非常に重要です。いつ相手と会うかわからない状態でレコーダーを仕掛けるので、常に車内を録音状態にしておく必要があります。より長く、より多くの会話を録音できた方が証拠固めにつながります。

性能の高い商品になると、音声起動装置やタイマー録音機能がついている物もあります。どちらも使い方によって無駄な録音時間を省けるのでおすすめです。音声起動装置がついているものは、マイクが会話や音などを感知した時に録音状態にしてくれるので消費電力や録音時間の削減につながります。デメリットとしてエンジン音などでも反応してしまう場合があります。タイマー録音機能は対象が車に乗るであろう時間帯のみ録音状態にするもので、こちらも無駄な録音を削減できる効果につながります。デメリットとして、タイマーの時間を間違えると必要な会話を録音できない場合がある事です。

マイク性能

人間の耳は便利に出来ており、必要な音は大きく聞こえて不要な音は小さく聞こえるようになっています。私達の日常は音に溢れており、機械は会話音と雑音の区別がつかないのでそのまま録音してしまいます。雑音が多すぎて重要な会話内容が聞き取れないような場合が多々あるので、マイク性能には一番力を入れて下さい。

仕掛ける場所の注意点として、車内清掃時や急ブレーキ等の拍子に見つからないような場所を選ぶ事です。また、固定できないと余計な雑音が入ったり故障の原因にもなるので注意が必要です。

もっとも適しているのは冒頭でも説明した助手席のシート裏やダッシュボード付近がいいですが、カーセックスをするかも知れないので後部座席にも仕掛けておけば、決定的な不貞の証拠が取れる可能性があります。

費用は二倍になってしまいますが、探偵に頼むよりも安く確実な証拠を得られる場合もあるので、一度お試し下さい。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑