探偵に浮気調査を依頼した時の流れを解説

探偵に浮気調査を依頼した時の流れを解説

探偵に浮気調査依頼をする時は、まず電話かホームページの相談フォームから相談を行って下さい。

弁護士のように相談料をとる探偵社もありますが、近年では無料相談が主流になっています。

夫・妻・恋人に浮気・不倫の兆候がみえたら、悩まず気軽に相談してみて下さい。

※探偵に調査依頼をする時は一社だけに頼まず、複数の探偵社に相談して見積もりや調査内容を聞いて比較して選んで下さい。

それでは、実際に依頼した場合どのような感じで進んでいくのかを解説していきます。

探偵社に依頼した時の流れ

探偵社によって多少の流れはかわりますが、一般的には以下の流れで進んでいきます。

無料相談から調査報告書交付の流れ

1.電話やネットから相談

初期段階として、何らかの方法で探偵社に相談する事から始まります。

多くの方がインターネットで検索してたどり着いたホームページから電話したり、メールやチャットで相談を行います。

ほとんどの探偵事務所が無料相談のスタイルなので、ここで浮気調査する必要が本当にあるかなど簡単なアドバイスを受けながら対面相談するかを決めます。

ここでのポイントは以下の2点です。

  • 浮気調査をする必要がある段階なのか?
  • あるとした場合、現状を伝えていくらかかるか?

本人は気が動転して「絶対浮気している!」と思い込んでいるだけの場合もあるので、第三者から見て浮気調査する必要があるかどうかを判断してもらいましょう。

この時、貴方の話を親身になって聞かず、調査する方向に無理やり持っていこうとするような探偵社はすぐお断りして下さい。

しっかりした探偵社であるほど、貴方の現状を分析して適切な判断をしてくれます。

2.実際に会って対面面談

初期段階で調査依頼をしてみようかと決断したら、後日(当日も可)実際に会って対面相談しましょう。

※必ず探偵社の事務所で会って話して下さい!会わずに電話だけで決めてしまうと後のトラブルになる可能性高くなりますので・・・

ここでのポイントは、必ず探偵社の所在地である事務所に行くことです。

悪徳探偵に騙されないためのポイント

  • 事務所の所在がしっかりしている
  • 探偵業届出証明書が事務所にある
  • 過去に行政処分を受けていない
  • 料金説明を細かくしてくれる
  • 貴方の突っ込んだ質問にも全て答える
  • 調査報告書のサンプルや実例を見せてくれる
  • 使う機材を見せて説明してくれる

これは判断基準の一部ですが、面談場所がレンタルスペースや喫茶店での面談だったらすぐ帰りましょう。

事務所に「探偵業届」がちゃんとあるか確認する事が重要です。

行政の摘発などで少なくなってきていますが、悪徳探偵はいますので、騙されないように注意して下さい。

詳しくは「悪徳探偵の被害にあわないように!」の項目を参考にして下さい。

面談時には、探偵社から細かい流れや使う機材の説明、調査報告書のサンプルを見せてもらえます。

3.調査内容をまとめて見積もりを出す

面談で細かい部分を話合ったら調査の方向性がきまります。

ここで決めた調査内容に沿って浮気調査の見積もりが行われるので、予算の上限なども細かく伝えておくと貴方にあったプランの紹介もしてくれます。

見積もりで提示された金額で貴方が納得したら契約に移ります。

この時、見積もり以外の金額が契約書に記載されているので必ず隅々まで読んで下さい。

調査が遠方になる場合は交通費、調査中に対象者が浮気相手と飲食店に入ったりアトラクション施設に入った場合の施設利用料など、調査員が支払う実費の扱いなどの取り決めです。

無制限に許可してしまっては、積もり積もった細かい実費が高額に膨れ上がりますので、ここはどこまで許容するかなども事前に話し合っておく必要があります。

4.調査の事前事前準備(探偵側)

契約書を交わしたら(先払いの場合は料金支払い後)浮気調査スタートです。

効率よく予算内で浮気の証拠を掴むため、探偵側で以下のような事前準備行います。

  • 必要な機材(車両)などの選定
  • 尾行ルートの計画
  • 複数人で調査する場合はチェンジのタイミング
  • 立ち寄りそうな施設の下調べ
  • ターゲットの行動把握

この他にも細かい決め事をしてから本調査に望みます。

調査費用を安くする=調査期間(時間)の短縮=ターゲットの行動把握につながるので、依頼者側の方でも可能な限りターゲットに関する情報を提出するとスムーズに浮気調査が進められます。

どのような情報を探偵側に提出すればいいかは「探偵社に浮気調査を依頼する準備」の項目を参考にして下さい。

5.調査中の中間報告

1日で終わるような場合は中間報告無いことが多いですが、何日か調査する場合には途中でどのような状況なのか報告があります。

これは義務ではありませんが、良い探偵社であるほど細かく調査の状況を知らせてくれます。

浮気調査の基本はターゲットの後をつける尾行と浮気相手と会っている間の張り込みです。

調査によって得られる情報は「いつ、誰と、どこで、何をしたか」になり、尾行と張り込みによって得た情報を「〇時〇分に〇〇に入った」などのように記録していくのです。

何も知らされないまま時間だけが過ぎていくだけでは、貴方の気持ちもイライラしっぱなしです。

親身になってくれる探偵社ほど調査機関中の連絡や気持ちのフォローなどに気を使ってくれます。

6.調査監査(調査で得た情報のまとめ)

指定の調査期間の終了か、浮気相手とホテルに入るなど決定的な証拠が得られた状態で浮気調査は終了します。

調査終了後、結果が白でも黒でも調査内容はまとめられて数日後に提出されます。

ここで探偵社では、その証拠が依頼者が納得(満足)できる内容なのかを監査します。

調査員が作った後、法律に詳しい上司が文面や内容を細かくチェックし、法的に有力な証拠が撮れているか?追加調査をする必要があるか?などの判断をします。

仮に、まだ調査する必要がある場合、その事を依頼者に告げて再度調査が始まります。

7.調査終了に伴う調査報告書の交付

調査が終わり、監査にも問題無かった場合、約2~3日で集めた証拠を元に報告書がまとめられます。

ここで依頼者は離婚裁判を起こすか、何か別の処置を行うかの決断をする事になります。

最初から離婚裁判を起こす気だったら、この報告書が裁判で有力な証拠として提出されますので、隅々まで目を通し、裁判に備えて下さい。

この段階で今後どうするか悩む方も多いです。

探偵社によっては、自分で判断できない依頼者にカウンセラーを紹介してくれる会社もあります。

カウンセラーは貴方と同じ状況の相談を何件も聞いていますので、精神状態にあった適切なアドバイスをしてくれます。

そこで離婚するのか、浮気相手に制裁を加えるだけなのか、復縁を望んでいるのか、貴方の本当の気持ちがわかるでしょう。

離婚裁判をするとなったら、その手の裁判に強い弁護士も紹介してくれます。

浮気調査は調査して終了ではなく、その後貴方がどうしたいかによって終着点が変わってきます。

探偵社を選ぶ時は一時の感情に流されず、その後のアフターフォローまで万全な探偵社を選ぶ事が重要です。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑