浮気調査を自分でやる方法を難易度別に紹介

浮気調査を自分でやる方法を難易度別に紹介

大手探偵社の相談データによると、浮気に気づいたきっかけの72%が携帯電話と日ごろの行動変化でした。

いつからか携帯にロックがかかっていたり、残業や出張が多くなったりと、何らかの変化から相手の浮気に気づくパターンが多いです。

特殊なケースですが、急に「帰宅したらすぐお風呂に直行するようになった」で浮気を見破ったケースもあります。

もし、貴方が相手の行動が怪しいと感じたら、「浮気を疑う10のチェック項目」のページをご覧ください。

この10項目のうち7つ以上当てはまったら浮気している可能性が非常に高くなります。

もし、相手が浮気していると確信できてしまった場合、貴方には二つの選択肢があります。

  • 探偵に浮気調査を依頼する
  • 自分で浮気調査をする

離婚裁判や慰謝料請求をする気があるのであれば、プロの探偵に頼みましょう。

裁判で有効となる証拠を集めるのは大変ですから、その道のプロに頼むが一番です。

離婚まで考えておらず、相手の浮気を止めさせたいとか、そこから話合うような場合は探偵に頼む必要はありません。

また、後々探偵に頼むとした場にも、ある程度自分で証拠集めをしておいた方が費用を安くできる可能性があります。

自分で浮気調査する方法

いきなりプロの探偵と同じような調査は出来るわけありません。

難易度の簡単なものから紹介していきますので、徐々にハードルを上げて少しづつ相手を追いつける証拠を見つけていきましょう。

難易度ー低:財布の中身をチェック

普段身に着けている着衣のポケットの中身は気にしていても、財布の中は油断してレシートを入れっぱなしにしている可能性高いです。

相手が寝ている時やお風呂に入っている時に財布をチェックして下さい。

調べる時は小銭入れの中やポケット付きなら全てのポケットを確認しましょう。

統計的に財布の中から見つかる浮気の証拠は

  • 男同士でいかないような飲食店や施設のレシート
  • ホテルのレシート
  • コンドーム(薬局のレシートも)
  • シアリスやバイアグラ等の勃起薬
  • ホテルや風俗店の会員カード

などがあります。

レシートを見つけたら、頼んでいるものをしっかりチェックします。

お通しが二人分で、何回かに一度カシスオレンジなど女性が頼む飲み物が混ざっていたら女性と二人で飲んでいた可能性が高くなります。

コンドームや勃起薬が出てきたら浮気しているor浮気するつもりがある事が確定します。

いつなんどきセックスする機会が訪れるかわかりませんから、機会を逃さないように財布に入れておく人たまにいます。

これらの証拠を見つけたら写真に撮っておきましょう。貴方が保管してしまうと、相手に調べられていると感づかれてしまい、その後の調査に支障がでますので

難易度ー低:パソコン、タブレットなどの検索履歴

本当はスマホのライン履歴とか見れたら一番早いんですが、ロックかけられている可能性高いです。

パソコンやタブレットにパスワード入れてる人はそんなに多くありませんので、まずはこのあたりから攻めてみるのがいいでしょう。

よっぽどセキュリティに敏感な人じゃ無い限り、検索履歴を毎回消しているような人はほとんどいません。

どのブラウザ(クロームやIE、エッジなど)にも過去に見たサイトの履歴は残っています。

浮気相手に気に入られようと、デート情報サイトをみたり、旅行情報サイトを見ていたりする可能性があります。

実際にあった話でも、履歴検索していたら旦那が女性もののアクセサリーをネットショップで購入していた形跡があり、ログイン情報が記録されていたので買ったものをみたら送り先の住所が浮気相手の住所だったなんて事もあります。

出会い系サイトにハマるパターンもありますので、履歴に出会い系サイトへのアクセスがあったらサイトのログインを試してみて下さい。

パソコンからは以外と決定的な証拠出てくる場合多いです。

難易度ー低:車の車内を隅々までチェック

車は二人だけの空間になるので秘密の恋を隠すのに使いやすいアイテムの一つです。

既婚者の場合、浮気行為は不倫になりますので、近場を避けて車で遠出して食事したり、車のまま直接ホテルに行ったりする場合もあります。

車の中で特に注目すべきポイントは

  • ダッシュボードの中
  • 灰皿やゴミ箱
  • 助手席などシート周辺
  • カーナビの履歴

これらには浮気の証拠が隠されている可能性高いので徹底的にチェックして下さい。

ダッシュボードの中

ダッシュボードの中に、普段行かないようなサービスエリアのレシートがあったら遠出している証明になります。

ETC使ってないなら、高速のレシートが入ってる可能性ありますし、デートスポット周辺の駐車券が入っている事も十分考えられます。

酷い話で、コンドームが見つかったなんて事例もあります。

灰皿やゴミ箱

灰皿は給油の時に掃除されてしまう割合高いですが、もし掃除されてない状態ならタバコの吸殻に注目して下さい。

女性が好むメンソール系のタバコだったり、フィルターに口紅がついていないかなど入念にチェックしましょう。

ゴミ箱の中にも口紅付のゴミがあったら、女性が車内で飲食した証拠となります。

また、レシートが捨ててあったら内容をチェックするようにしましょう。

助手席などシート周辺

女性と二人でドライブするなら、相手は必ず助手席に座りますので、シートの幅が変わっていないかチェックしましょう。

また、シートから香水の臭いがしたり、隙間から化粧品のゴミや女性の髪の毛などが出てくる場合もあります。

そうそう無いことですが、カーセックスをした時にコンドーム袋の切れ端をうっかり落としている場合もありますので、隅々までチェックを怠らないようにして下さい。

浮気相手によっては自分の存在を知らせるため、わざとピアスや化粧品を落としていくケースもあるようです。

カーナビの履歴

これは付いている車限定の話になりますが、カーナビの履歴から浮気が発覚したケースもあります。

よほど注意していないとカーナビの履歴まで消す事はありませんので、どこに行ったかがわかる重要なアイテムになります。

履歴をチェックして、旅館やホテルの名前などがあったら出張履歴と照らし合わせて下さい。

もし出張先と一致しなかった場合は、不倫相手と泊まった場所を示している可能性大です。

聞いた話で、大阪出張だから泊まりになると言われて、カーナビの履歴みたらディズニーランドだった…なんて事もあります。

車の中には意外と浮気の痕跡が残されてる事多いので、車を持っている場合は積極的に調べてみる事をおすすめします。

難易度ー中:携帯のメールやアプリ関連をチェック

現在はスマホユーザーが多く、携帯時代の主流であったメールよりも気軽に使えるLINEに浮気の証拠が残っていたなんて話よく聞きます。

多くの方が携帯から浮気の証拠を見つけているので、チャンスがあったら必ず実行して欲しい調査方法です。

私の知り合いが「旦那の携帯に幸せは無い」と明言を言っていました・・・まさにその通りで、男は常に他の女性と性的関係を持ちたいと考えている割合が非常に多く、妻には絶対携帯を見せられません…

さらに、浮気バレを防ぐため、涙ぐましい努力をしている人もいます。

例えば

  • 浮気相手の名前を男性にしている
  • 仕事の話をしているように見せかける
  • ロック画面にLINEポップアップを出さない
  • SNS対策で写真に写らないように注意している
  • 携帯ロックとLINEロックナンバーが違う

上記のような努力をしてバレないよう徹底していても、どこかでボロが出る可能性は捨てきれないので、まずは携帯を見られないようにしてきます。

いきなり「携帯見せて?」などと直線的な良い方をしてしまうと後が気まずくなります。

こんな時は「ちょっと調べたい事あるんだけどー携帯の充電切れちゃったから携帯貸して♪」こんな感じでお願いしてみるのがベストです。

ここで「ロック解除って何番だっけ?」と番号を聞き出し、その時は相手の目の前でそれっぽい検索操作をして返しましょう。

ロックナンバーさえ聞き出せたなら、その日のうちに相手が寝ている時などにロックを解除してLINEや通話履歴を確認してください。

より詳しく携帯から浮気の確証を得る方法については「携帯から浮気の証拠を掴む」を参考にして下さい。

難易度ー中:SNSから浮気の証拠を掴む

現在はTwitter、Facebook、mixi、Instagramなど、様々なSNSでつながりを求める時代です。

これらSNS関連から自分の旦那(妻)を見つける事は容易ではありませんが、以外と浮気の証拠が隠されているのも事実です。

実体験の話で、たまたまママ友のFacebookの友達に自分の旦那がいて、そこから旦那のタイムラインを見たら出張だと言っていた日に知らない女性と2人で出張先とは違うところで撮影した写真を見つけた、なんて事があります。

これらSNSをピンポイントで見つけるには、LINEの名前から検索かけたり、旦那(妻)の顔写真をGoogle画像検索したりして見つけて下さい。

各種SNSのIDを同じ名前にしていたりする人多いので見つかる可能性高くなります。

難易度ー高:スマホの浮気調査アプリやGPSを使う

今やスマートフォンは一番身近にある情報源です。

スマホアプリは便利な為、様々な情報が記録されていると知らずに使ってる人多いです。

最も身近にあり、その人の情報を隅々まで知り尽くしているアイテムでもあるスマホを活用しない手はありません。

本来は浮気調査の為に開発されたアプリではありませんが、遠隔操作系のアプリは使いようによっては探偵を雇うのと同様の効果が得られます。

例えば

  • 現在地はどこか?(GPS機能)
  • どこを通り、どこに寄ったか(尾行と同じ)
  • 通話履歴の把握(音声までも・・・)
  • SNSメッセージのログ閲覧
  • スマホ内の画像や動画閲覧
  • カメラの強制起動や操作
  • その場の音声を録音

これら全てが一台の携帯で出来てしまうのです。

特にカメラや音声録音の機能を遠隔操作できるアプリを使えば、ラブホテルでSEX中の映像や音声も取得可能になってしまうのです。

どのようなアプリを使えば上記のような事が可能なのかは、「スマートフォンの浮気調査アプリを使う」の項目をご覧ください。

ここで注意が必要です。

無断で相手のスマホにアプリを仕込んで盗撮、盗聴を行った場合、裁判では証拠能力が無くなってしまいます。

また、例え婚姻関係であってもプライバシーの侵害になるため、逆に訴えられてしまう可能性だってあります

スマホに遠隔系のアプリを仕込む時は覚悟を決め、絶対相手にバレないよう細心の注意をもって行って下さい。

小型GPSで相手の動きを調査する

わざわざスマホにアプリを仕込まなくても、小型GPSを使って相手の行動を把握する事も十分可能です。

かなり小型で高機能なものがいっぱいあるので、バックの底に仕込んだりするのもいいでしょう。

GPSの注意点として、ビルや立体駐車場などコンクリート遮蔽物の多い建物の中だと精度が下がってしまいます。

万能でありませんので、GPSの欠点もよく理解してご利用下さい。

詳しくは「相手が浮気しているかもと疑い始めたらGPSでの調査がおすすめ」の項目で解説しています。

自分でも浮気調査する方法は多々ありますが、一歩間違うと犯罪になってしまう可能性もあります。

探偵業の許可がある探偵は合法でも、許可無しの一般人がやると違法となってしまう行為があるので注意しましょう。

慰謝料を取りたいと思ったら探偵に頼むべき

相手の浮気をつきとめて慰謝料をとるには、肉体関係の証拠が必要です。

本格的に浮気調査を行うにはプロの探偵に頼むが一番ですが、確証がつかめていない状態で依頼するのは費用が無駄になってしまいます。

浮気調査にかかる費用は平均して20~50万と高いものなので、まずは夫・妻・恋人が浮気をしている確証をつかむ事から始めましょう。

ある程度自分で調べてから依頼する事で費用削減にもつながります。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑