浮気が原因となる離婚について

浮気が原因となる離婚について

離婚の理由は性格の不一致や子育て問題等様々ありますが、もっとも多いのが浮気が原因となるものです。離婚を考える際、子供がいれば親権や養育費問題がありますし、心身的ストレスを受けた事による慰謝料請求もあります。

慰謝料請求となった場合は法的な手続きを踏んだ裁判が必要不可欠となり、相手方の浮気を証明する為に「不貞行為」となる条件を満たさなければなりません。簡単にすると肉体関係があるか無いかが重要となるわけです。キスやハグは日本で日常的にする方は少ないですが、海外では普通の行為です。なので、肉体関係の立証はセックスを行った(行う)証明が必要なのです。

もっとも証拠能力が高いものはホテルや相手の部屋に複数回出入りしている写真・動画や第三者の証言、メールやLINEに残された肉体関係を認める発言などです。メール等の電子機器に残されている証拠は改ざんする事も可能なので、確実な証拠は写真や動画になります。

離婚を法的に進めるには弁護士の強力も必要ですし、裁判費用もかかります。貴方が勝訴となれば全額敗訴側に請求できますが、負けたり和解に持ち込まれる場合もありますので証拠固めはしっかりとしておきましょう。

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑