浮気調査で探偵が使う機材はここが凄い!

浮気調査で探偵が使う機材はここが凄い!

浮気調査をスムーズに行い、なおかつ確実な証拠をつかむため、探偵社では一般では使わないような高性能な機材を仕様します。

使っている機材の性能がいいほど、探偵社の調査能力が高い証拠にもなり、逆に「デジカメ一個で調査してます」なんて探偵社は能力が低く、まったく信用できないので注意しましょう。

浮気調査で肉体関係の証拠を撮るようなシーンで一番多いのは夜です。

プロの探偵は、周囲に明かりがない暗い場所でも調査対象者と浮気相手の顔をバッチリ写すため、ナイトショット対応のカメラや赤外線ライトを使ったりします。

証拠能力の低い証拠を集められても費用の無駄遣いなので、探偵選びには機材面も注目しましょう。

ここでは一般的な機材を紹介してきます。

浮気調査で使うカメラやビデオの重要性

浮気の証拠を掴むために重要となるのはカメラです。

これは高性能であればあるほど良く、望遠機能と高画質が求められます。

撮影用カメラ、暗視カメラ

家庭用デジカメでも性能が高くなっていますが、探偵はどんな状況でも対象物を鮮明に撮影しなければならないので、より専門的な機材を仕様します。

夜間でもハッキリ写せるナイトショット機能や連写機能もちろんのこと、電源を入れてから撮影可能になるまでの立ち上がり時間の短いもの、CCD感度の良いもの、画素数の高いものなど状況に合わせて切り替えて撮影します。

周りの明かりがほとんど無い場所からでも撮影できるよう、暗視装置や赤外線ライト付きのものなども用意している探偵社も多いです。

望遠レンズでこんなに近くまで撮影

バレない尾行テクニックの張り込みのやり方でも解説していますが、対象者にバレないように撮影するには、気づかれないくらい遠くから撮影する必要があります。

一般的なカメラでは対象者の顔も識別できない距離であっても、探偵社が使う高性能な望遠カメラを使えば持っている物の文字までも鮮明に見えるほど綺麗に撮影できます!

高性能なほど、少しの動きでブレてしまうので、使いこなすには日ごろの技術も必要になりますね。

また、小型カメラの存在も軽視できません。

喫茶店など店舗や乗り物の中などでは大きなカメラは目だってしまうので小型で高性能なカメラが必要です。

時計やライター、ペンなどにカメラ機能がついているもが多く、レンズが小さいので調査対象に気づかれること無く撮影できます。

ICレコーダーなど音声を記憶させる機材も重要であり、浮気相手と旅行の話などが録音できれば不貞を行っているりっぱな証拠となります。

このように、高性能な機材をどれだけ使っているかが探偵社の信用にもつながりますので、浮気調査依頼の打ち合わせをする時に探偵社に機材確認をするようにしましょう

夫や妻の浮気に悩んで探偵社に調査依頼しようとしている方へ、当サイトでは直接探偵社に問合せて調査実績や費用などを比較したランキングを公開しています。どこに頼むか悩んでいる方は依頼先を決める参考としてご覧ください。

浮気に悩んでる方はこの項目も読んでいます

この記事へのコメント

PAGE TOP ↑